合同会社BRTCは危険な詐欺業者!0円副業の怪しい実態を解説

合同会社BRTCは危険な詐欺業者!0円副業の怪しい実態を解説

合同会社BRTCは、短時間で簡単に稼げると謳う副業を提供しています。負担金0円と謳いながらも高額な費用を請求するため、非常に悪質です。

本記事では、合同会社BRTCについて徹底的に解説します。被害に遭った際のおすすめの相談先も紹介するため、ぜひ参考にしてください。

【情報商材・副業詐欺に強い】当メディア人気の事務所
\情報商材や副業被害の相談実績多数/

合同会社BRTCの副業に注意

合同会社BRTCの副業に注意
合同会社BRTCの副業に注意しましょう。合同会社BRTCは簡単に高収入を得られると謳う詐欺業者で、「0円副業」としながらも、利用者に高額なマニュアルを売り付けます。

合同会社BRTCが提供する副業の特徴は、以下のとおりです。

  • スマートフォンでコピペするだけで1日数万円稼げる
  • 情報教材費として22,000円を後払いで支払う
  • 教材購入後に電話で高額プランに勧誘される
  • 勧誘プランを断ると違約金を請求される

「騙された」と訴える声も多数見られます。怪しい副業のため、契約は控えてください。

合同会社BRTCとは?

合同会社BRTCとは?
合同会社BRTCの概要と代表の野呂氏について解説します。調査の結果、一般的な副業を提供する会社ではなく、極めて怪しい存在であるとわかりました。

魅力的な報酬を受け取れるからといって信用しないでください。

会社概要

合同会社BRTCの概要は、以下のとおりです。

会社名 合同会社BRTC
代表者 野呂晃
メールアドレス [email protected]
電話番号 03-6284-3050
所在地 東京都中央区銀座1丁目12番4号N&E BLD.6F

国税庁の法人番号公表サイトに登録がありました。一度所在地を変更しており、以前は居住用賃貸物件、現在はバーチャルオフィスを利用しています。信頼できる会社のオフィスとは言えません。

副業詐欺が急増していることからも、利用を検討する際は信頼できる運営会社を選びましょう。

代表の野呂氏について

合同会社BRTCの代表は野呂晃氏とされています。社名と代表者名をインターネットで検索しましたが、野呂氏の詳細が記載された公式サイトを確認できず、情報がありません。

合同会社BRTCについて注意喚起するサイトでは、代表の野呂氏について以下の不審点が挙げられていました。

  • 経歴やプロフィールが不透明
  • アルイロハ・イチネガイ・アチザクロなどの怪しい副業を提供

代表者の人物像が不透明になっていると信用されにくいため、多くの会社は情報を公開します。合同会社BRTCは悪い噂が多く、野呂氏の情報がほとんどないため、安全とは言えません。

ほかの怪しい詐欺商材も扱う危険人物のため、関わらないようにしてください。

情報商材被害の相談先に迷っている方は、この記事をチェックしてみてください!

合同会社BRTCの怪しい実態

合同会社BRTCの怪しい実態
合同会社BRTCの怪しい実態について、以下のとおり解説します。

  • 後払いの副業を販売している
  • バーチャルオフィスを使用している
  • 事業内容と商材に関連性がない
  • 前身の会社も怪しい噂がある

自己負担0円と謳う一方で高額な契約を持ちかけます。被害に遭わないためにも合同会社BRTCに注意してください。

後払いの副業を販売している

合同会社BRTCは後払いの副業を販売しているため怪しいと言えます。後払いの副業とは、自己負担なしで始められると謳いながら、教材や高額プランの代金を請求する危険なものです。

合同会社BRTCはターゲットに22,000円の教材を購入させたうえで、後日に電話で高額プランの契約に勧誘します。

同様の副業が横行しており、消費者庁から注意喚起されています。教材や設備が必要な仕事は確かに存在しますが、安全な業者であれば事前に説明があるはずです。

負担金についてあらかじめ説明しない合同会社BRTCは詐欺と考えてください。

バーチャルオフィスを使用している

バーチャルオフィスを使用している合同会社BRTCは詐欺業者です。所在地である「N&E
BLD.」の6階は「GMOバーチャルオフィス銀座店」であり、同じ住所を所在地とする会社は615社にものぼります。

怪しまれたり問題が発覚したりした際に痕跡を残さずに逃げられることから、詐欺業者はバーチャルオフィスを好んで利用します。加えて、一等地である銀座を所在地にし、信頼できる健全な会社という印象を持たせようとしている可能性もあるでしょう。

詐欺業者の常套手段を使用する合同会社BRTCは信用しないでください。

事業内容と商材に関連性がない

合同会社BRTCの事業内容と商材には関連性がなく非常に不審です。

インターネットで検索したところ、合同会社BRTCが公開している事業内容は以下のとおりだと判明しました。

  • Webマーケティング
  • 広告運用代行
  • Lステップコンサル

隙間時間にできる商材を扱う会社とは思えません。詐欺業者のなかには形だけの公式ホームページを作成し、事業内容を偽装するケースもあります。合同会社BRTCも同様の可能性があるため、信用に値しないと言えるでしょう。

前身の会社も怪しい噂がある

合同会社BRTCは前身会社も怪しいという噂があります。インターネット上には合同会社BRTCが複数回社名を変えているという情報がありました。

以下は、合同会社BRTCの前身あるいは関連があると言われている企業です。

  • 株式会社YKT
  • 合同会社KONATSU

調査すると両社とも合同会社BRTC同様の副業商材を扱っており、名前を変えて詐欺を働いていることがわかります。どちらの会社もネガティブな口コミが多く、社名を変えて悪い評判をなかったことにする非常に悪質な手口です。

頻繁に社名が変わり、悪い噂が多い会社の副業は危険であるため、関わってはいけません。

合同会社BRTCの口コミ

合同会社BRTCの口コミ
合同会社BRTCの口コミを紹介します。「合同会社BRTC」で検索するとネガティブな評価が非常に多く、詐欺ではないかと相談をする方も見られました。

合同会社BRTCの強引な勧誘もわかる口コミもあり、不審な事業者であることがわかるでしょう。順番にご紹介します。

口コミ①

商材を合同会社BRTCから購入したものの、詐欺の可能性を疑い相談する方の質問が掲載されています。相談者は支払い前であったため、金銭的な被害は回避できました。

合同会社BRTCは22,000円と決して安価ではない教材をLINEで送付するようです。LINEのトークルームにおける添付ファイルの閲覧は7日間です。とても高額な資料のやり取りに向いているとは言えません。情報商材の受け取りを確認しないまま強引に費用を請求する点にも憤りを覚えます。

合同会社BRTCのずさんな対応と共に、途中で詐欺と気付いた際の有効な対処法がわかる口コミです。支払いを催促されている方は試してみましょう。

ID非公開さん
2024/4/17 12:42

合同会社BRTCと言う会社の0円副業みたいなものに、何を血迷ったか登録してしまいました。
22000円の情報商材を後払いで払えると言われなぜかボタンを押してしまったんですが面倒くさそうだったのと怖かったのでLINEも消してその情報商材が届いたかも知りません。そのまま放ったらかしにしてたら一昨日業者の方から情報商材の支払いの催促のメールがきてこちらとしては商材すら手元に届いてないしLINEもすぐ消しました。けど向こうはLINEで送ったの一点張りだったので消費者センターと僕がお世話になってる弁護士さんに相談しますと言うと向こうも顧問弁護士つけてるからと言われ直接的な連絡はこれ以上辞めてくれと言われました。

個人情報の心配はありますが直接的な被害にはあっていません。
お世話になってる弁護士さんにも向こうの動きを見ましょうと言われましたが、支払いの義務とかあるんでしょうか?
法律に詳しい方お答えお願いします。

被害とかアクションが無ければ弁護士さんも動けないし相談するとお金もかかるのでできません。
内心すごいビクビクしてます

 

引用:Yahoo!知恵袋

口コミ②

口コミから、合同会社BRTCには高額プランが存在することが判明しました。合同会社BRTCで教材を購入すると「稼ぐために」と電話で高額プランに勧誘されます。

複数の口コミから、以下の高額プランの存在が確認できました。

プラン名 金額
AAA 180万円
A6 100万円
A5 80万円

いずれの場合も契約金より高い収益が見込めるため、結果的に自己負担はないと説明されるようです。代金の支払いに消費者金融でローンを組むよう言われる方も多数見受けられました。

強引な勧誘は詐欺業者によくある手口です。話に流されずに断固として拒否してください。

情報商材被害の相談先に迷っている方は、この記事をチェックしてみてください!

合同会社BRTCの詐欺に遭った際の相談先

合同会社BRTCの詐欺に遭った際の相談先
合同会社BRTCの詐欺に遭った際は、以下の相談先を利用しましょう。

  • 消費生活センター
  • 警察
  • 司法書士
  • 弁護士

強引に勧誘され、流されるままに契約する方があとを絶ちません。おかしいと感じた際は直ちに相談することが大切です。

消費生活センター

合同会社BRTCの詐欺に遭った際の相談先の一つが消費生活センターです。合同会社BRTCの副業に関して連絡し、助言を受けた方も口コミで確認できました。

消費生活センターは、消費者と事業者との間で起こるさまざまな問題について相談可能です。連絡先は全国統一の「188」で、最寄りの消費生活センターに繋がります。

消費生活センターの主な業務は、自主交渉の方法や解決に向けたアドバイスを与えることです。返金請求や代理で交渉をしてもらいたい場合は専門家が頼りになります。

警察

警察も合同会社BRTCの詐欺被害に関しての相談が可能です。警察が捜査を開始し、詐欺業者を逮捕できれば被害の拡大を防げます。話を聞いてもらいたい場合は、警察相談専用電話である「#9110」に掛けましょう。

返金に関しては民事の扱いになり、当人らで解決すべき問題とされるため、警察は原則的に不干渉です。捜査が始まっても証拠が揃わなかったり、犯人がわからなかったりする場合は、迅速な解決が望めません。

お金を早期に取り戻したい場合は、警察よりも専門家への相談をおすすめします。

司法書士

司法書士は合同会社BRTCの詐欺に遭った際に頼れる相談先です。クーリングオフや返金対応の相談ができるため、早期に被害を解決して安心したい方におすすめです。

各機関に提出する書類の準備は司法書士の独占業務であるものもあり、解決までスムーズに進められます。詐欺被害者救済法にも詳しいことから、あらゆる面からのサポートが可能です。対応できる金額や案件は限定されますが、弁護士と比較し依頼料が安くすむ場合も多いため金銭的に不安がある際にも安心です。

司法書士によって得意分野が異なります。司法書士を選ぶ際は、詐欺事例解決の実績が豊富な事務所を選びましょう。

弁護士

合同会社BRTCの詐欺に遭った際は弁護士も頼りになります。弁護士も詐欺事例相談ができる専門家であり、共に返金交渉や裁判に臨めば、速やかな解決へと繋がります。

クレジットカード会社や銀行に支払い停止請求できるのも弁護士です。詐欺業者の手元にお金が渡る前に手続きを進められるよう、早めの相談が肝心です。司法書士が対応できない140万円以上の大金を詐欺業者に支払ってしまった方は弁護士に解決を依頼しましょう。

弁護士にも得意分野があるため、過去の対応事案を確認し、詐欺事例解決の実績が豊富にある事務所を選ぶことがポイントです。

合同会社BRTCの詐欺に遭ったら専門家へ

合同会社BRTCの詐欺に遭ったら専門家へ
合同会社BRTCから詐欺に遭った際は、専門家へ連絡してください。専門家は被害者に寄り添って話を聞いてくれるため安心できます。

相談は無料の事務所も多く、電話やメールであれば気軽に問い合わせられるでしょう。

合同会社BRTCに「返金できない」と言い張られても決して諦めてはいけません。一人で悩まずに頼れる専門家に相談してください。

【情報商材・副業詐欺に強い】当メディア人気の事務所
\情報商材や副業被害の相談実績多数/
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人